YMCA三条保育園


京都YMCAは、2018年4月新たにYMCA三条保育園を開園いたします。

保育理念
目的
基本方針
保育目標
特色
園の概要


 

 

 

保育理念

互いに愛し合いなさい (ヨハネによる福音書 15章12節)

▲このページのTopへ

 

目的

YMCA三条保育園は、キリスト教精神に基づき、子どもたち一人ひとりの、やさしい心と豊かな知性と健やかな体の調和を図り、自分と他者を大切にし、豊かで平和な社会を願う心を育てることを目的としています。

▲このページのTopへ

 

基本方針

 

したい何かがみつかり、だれかとつながる。私がよくなる かけがえのない場所。

みつかる:
・自分が愛されていることの喜びをみつけ、向上心をもってしたいことをみつけることのできる子どもであってほしいと願っています。
・自分をみつけ、他の人のよさをみつけられるように一人ひとりと丁寧に向き合って行きます。

つながる:
・みんながひとつにつながるために、家庭や地域と手を携え、子どもの成長を共に喜び合える保育をしていきます。
・子どもたちの一人ひとりが自分を愛し、他の人と出会い、神様の愛を知って祈ることで、家族や地域や世界とつながることができるようかけがえのない居場所をめざします。

よくなっていく:
「神様の恵みを知り、よく生きることを願い続ける」
・子どもたちが生き生きと遊び、生活していることこそ、神様の恵であるといえます。キリスト教保育とYMCAのプログラムを通じて、一人ひとりが異なるよさを持つことを認めあい、共によく生きること願い続けられるよう、よく育つことを支えます。

YMCAの正章が表す逆三角形はプログラムを通じて人の「こころ」と「身体」と「精神」が等しく成長することの願いが込められています。

YMCAとは

YMCAブランドについて

 

▲このページのTopへ

 

保育目標

「一人ひとりを大切にする保育」

私たちは、一人ひとりの子どもは、神様から私たちに与えられた愛されるべき贈り物として、一人ひとりが愛されていると感じられるよう“子ども”である今を大切にする保育をしていきます。

 

「自由な時間と空間、育ちの環境を保証する保育」

私たちは、一人ひとりの子どもの生き生きとした感性や知性や健康な身体は、主体的に遊ぶことを通して育まれると信じ、健やかに育つ環境と、主体的な遊びの時間と空間を保証する保育をしていきます。

 

「地域・ボランティアと保育」

私たちは、互いを認め、高めあう平和で豊かな社会を創ることを、家族や地域の人々と連携し学べるように保育をしていきます。

 

自分から遊びを通して生きる喜びを感じることができるよう、子ども一人ひとりの個性を大切にし、保護者から信頼され、地域に親しまれる保育園をめざします。

 

 

▲このページのTopへ

 

特色

以下のような保育を行う予定をしております。

愛すること「一人ひとりを大切に」

キリスト教精神に基づき、愛されて守られて育つことの喜びを見つけ、自分を大切にすること、祈ることを知り、日常の遊びや生活を通して他者をも愛することのできる子どもを育てます。

 

命を大切にする「自然との共生、育ちを支える食事環境」

野外活動、教育キャンプなどのプログラムを通して、生命の不思議さや尊さに気づき、自然と共に生きることを考え、いたわりや大切と思う気持ちが芽生えるような保育を行います。
また、乳幼児期の食事が順調な育ちを支えることを考え、素材や調理にも関心を持ち、美味しく食べるための工夫を行います。

 

他者理解と国際交流「違いを認めあう」

他者理解、多文化理解、国際交流など、YMCAにかかわるいろいろな世代のボランティアや、様々な人との関わりを通し、また一人ひとりが人間として尊重される体験を通し、違いを認め、受け入れながら、互いを必要とし、つながることのできる協調性と、平和を願う心を育みます。
* 当園では障がいのあるお子さまも共に生活し、一緒に育つことで、互いを理解し違いを受け入れるこころを育てます。

 

身体づくりと情緒豊かな感性「やさしい心、つよい意志、すこやかな体」

子どもの体と心の大きく成長する時期を大切にし、身体づくりと情緒豊かな感性を、遊びを通して育み、YMCAのプールでのプログラム、幼児体育プログラムなどを専門指導者と保育者が協力して行います。

 

乳児期の丁寧な保育「応答的なかかわりを大切にする」

0・1・2歳児の子どもたちが健やかに伸び伸びと育つよう、環境を整えます。身近な人やものを通して愛されていることを知り、周囲とかかわろうとするよう見守ります。子どものしたい気持ちを受けとめ、大人とも子ども同士でもやり取りが楽しめるようにして学びの芽生えを育てます。

 

自律と自主性「遊びを中心とした保育」

成長段階に合わせて、自発的に選び行動する機会を増やします。好きな遊びと主体的にかかわる環境を作り、好奇心、探求心、豊かな感性を育みます。絵本やお話、芸術(美術や音楽)に触れる機会を数多く持ちます。自分の生活、遊びに責任を持つことも学び自律心と自主性を育てます。
同時に特別プログラム、体験を通して様々なことに興味を持ち、発見し、挑戦し、科学的思考を含めた考えを深め、言葉にする態度を育てます。

▲このページのTopへ

 

園の概要

運営主体 公益財団法人 京都YMCA
園  名 YMCA三条保育園
所 在 地 京都市中京区三条柳馬場東入中之町2
電話番号 075-231-4388(準備室)
Fax番号 075-251-0970(準備室)
法人代表者 理事長 亀井 剛/ 総主事 加藤 俊明
開設年月日 2018年4月1日
保育園 職員構成 園長 1名/主任保育士 1名/保育士常勤 13名/非常勤 5名以上

栄養士 1名/調理員 1~2名/事務職員 1名~2名

受入年齢 産休明け(生後57日)~小学校就学前
利用定員 90名

 

▲このページのTopへ