【ウィンタープログラム】長野県北部の地震について

スキー&雪あそび


京都YMCAでは2014年11月22日22時8分頃に長野県北部を震源として発生した地震を受け、京都YMCAスキー専門委員会を中心に2014年12月に長野県で実施予定をしておりますスキープログラムを安全に行うことができるかについて調査、検討するため、情報収集をしています。

キャンプの宿舎として利用する志賀パークホテルへ連絡および確認をいたしました。志賀高原の震度は3、同じ長野県北部ではあるが特に被害はなく、この地震に伴う事故やケガも発生していない。また、既にオープンしているスキー場も変更なく営業し、今後オープンを予定しているスキー場も予定通り営業されるとの情報を得ております。

独立行政法人 産業技術総合研究所のウェブサイトに掲載されている活断層地図によりましても、今回発生した地震の震源地となる小谷村・白馬村の活断層とは別の層であることがわかります。

長野県では、すでに報道されている通り現在も余震が続いている状況です。今後も、地震やプログラム実施に関連する情報を随時収集し、予定しておりますプログラムが安全に執り行えるように協議を進めてまいります。なお、この件に関するお問合せについては下記事務局までお願いいたします。

2014年11月25日
京都YMCAスキー専門委員会

京都YMCAウィンタープログラム事務局
TEL 075-231-4388

« »