サマーキャンプにおける新型コロナウィルス感染症予防方針

サマーキャンプにおける新型コロナウィルス感染症予防方針

・参加するリーダーは、日々の生活においても予防に努め、毎日体調について記録をとり、YMCAが認めたリーダーが参加します。
・移動に使用する貸切バスは、バス会社によって車内のアルコール消毒及び走行中の換気を徹底します。
・バス乗車時に手指のアルコール消毒を行い、乗車中はマスクを着用します。

キャンプ場利用時において

・部屋の窓は常時開け(網戸)、扇風機を利用して換気を促進します。
・テントでの宿泊は、高学年のキャンプにおいてのみ、1人用テントで行います。

食事や調理において

・食事直前に手指の消毒を行えるよう、アルコール消毒液を食卓に常置する。
・調理や配膳をする者は、マスク並びにビニール手袋の着用を徹底する。
・食堂利用の場合は、換気に努める。
・飛沫感染を防ぐため、真正面を避けて座る。

その他

・キャンプ場のリーダー並びにキャンプ場利用者は、毎朝検温を含む体調確認、記録を取り、体調不良者は速やかにキャンプ長に報告し、指示を仰ぐ。
・利用者は体調管理に努め、健康的な生活を送るよう努力をする。

2022年8月1日

事務局
京都YMCAウエルネスセンター
TEL 075-255-4709