学校案内

YMCAとは

正章 YMCA(Young Men's Christian Association)は、1844年イギリス・ロンドンで誕生しました。現在世界125の国と地域にネットワークをもつ国際的な青少年教育・社会奉仕団体です。日本でも、全国の主要都市に存在し、社会に貢献する多くの青年を育てる公益的な社会教育団体として知られています。
京都YMCAは日本語教育を1985年に開始して以来、多くの外国人が実用的な日本語力・日本文化を学び卒業しています。
YMCAの日本語教育は、日本語と日本文化を学ぶことによって、様々な国の人々の相互理解を促し、共に生きる社会の実現に貢献する人を育てます。

京都YMCA日本語教育のあゆみ

1889年
京都YMCA設立
1907年
財団法人の認可を受ける
1985年
日本語クラス開講
1986年
全日制日本語教育開始
1990年
日本語教育振興協会より認定を受ける。(就学ビザ取得可能)
学校法人京都YMCA学園設立
2008年
京都YMCA国際福祉専門学校の専門課程に日本語科を新設(留学ビザ取得可能)

学校の特色

充実した学習時間

専修学校専門課程に位置付けられた日本語科は年間874時限の充実した学習時間で確実に日本語力を身につけます。2年コースを卒業すると「文化教養専門士」が付与されます。

充実した学習環境

自習室を備えており、勉強しやすい専門学校としての学習環境が整っています。本科学生はスイミングプールやトレーニングジムも使って健康作りに役立てることができます。また、京都YMCAが持つ研修施設での勉強会もあります。

充実した文化交流

京都YMCAには多くの日本人ボランティアがいます。チューター活動や交流会など豊富な異文化体験・日本人交流ができます。