中・西日本バスケットボール大会 報告

ウエルネスセンター バスケットボール


今年最初の大会として、1月23日~24日に開催された、第19回中・西日本YMCAユースバスケットボール大会に参加してきました。今回の大会ではBランク(5年生中心)とCランク(4年生中心)の2つのランクで大会に参加しました。

Cランクでは、他のYMCAでは4年生中心ですが、京都YMCAは4年生2人・3年生4人・2年生2人と低学年の子も一緒にチームを作り参加しました。試合が初めて、お泊りも初めてのメンバーもいる中で「最後まであきらめない」をチームの目標とし、2日間を頑張りました。結果は1勝3敗でしたが、今まで練習してきた成果、新しくできるようなったこと、何より「試合って楽しい!」と様々な発見があり、メンバーにとってとても良い経験になりました。

Bランクでは、5年生5人・4年生3人のメンバーで大会に参加しました。普段から試合慣れしているといっても、大会独特の雰囲気に戸惑い・緊張していましたが、Cランクのお友達を引っ張っていきながら、「全勝するぞ!」を目標に2日間頑張りました。チームの弱さとして、全力でプレーするエンジンが第1試合目ではなかなかからかからず、接戦の末、初戦は負けてしまいました。しかし、それ以降の試合ではプレッシャーを跳ね返し、得点を取られないようにディフェンスし、パスをつないでシュートと得点へ結びつけることができました。最終戦では勝った方が優勝と誰もが注目する試合でしたが、緊張することなく、今大会で1番のチーム力を発揮し得点を重ねていき、見事優勝することができました。

2日間の試合の中で、たくさん試合に出場しプレーすることで、新しい発見をしたり、練習の成果を発揮できたり、もっとできるようになりたいと思ったり、メンバー1人1人にとってとても良い経験になりました。もちろん、チームとしても連携や助け合いなどチーム力を高められる経験になりました。

これからも日々の練習を頑張り、3月に行われる大会に向けてチーム一丸となって取り組んでいきます。


 

 

 

 

 

 

 

 

« »