介護福祉士実務者研修とは

実務者研修は、介護福祉士をめざす人には必須の資格です!

介護福祉士国家試験を受験するには、平成28年度より、3年間の介護実務経験に加えて、実務者研修の修了が義務付けられました。

介護福祉士(国家資格)の 受験資格を得るには、実務 者研修の修了と3年の実務 経験が必要です。

 

実務者研修を修了すると

「サービス提供責任者」になれます。

実務者研修を修了すると、訪問介護員(ヘルパー)養成研修課程における科目をすべて履修しているとみなされます。

医療的ケアの基本研修・演習が修了できます。

実務者研修では「喀痰吸引」「経管栄養」「救急蘇生法」の基本研修・演習を学ぶことができます。

学習の流れ

京都YMCA国際福祉専門学校の行う実務者研修は、下記のとおりです。
e-レポートによる学習のため、いつでも、どこでも学習することができます。

自宅学習とスクーリングで、最大6か月間学習し、修了後に国家試験を受験します。