[プログラム報告] 中高生スキーキャンプ・チャレンジスキーキャンプ春 1日目

ウィンタープログラム スプリングプログラム


1年ぶりの中高生・チャレンジスキーキャンプがスタート!

今回は中高生スキーに6名、チャレンジスキーに7名の仲間が集まりました。

 

例年は夜行バスを利用していますが、今回は日程の変更により昼行便となりました。

京都から志賀高原までの約6時間の道のり、疲れて寝てしまうかなとリーダーたちは予想していましたが

グループ対抗のクイズやゲームをし、みんなで楽しく過ごすことができました。

普段であれば寝ていて通過している場所の景色も見ることができて、新鮮だったのではないでしょうか。

 

駒ケ岳SAでの昼食の様子です。

ギャッツグループ

おたグループ

ぴかグループ

りおグループ

 

バスの中で、雪がなくなって滑れないんじゃないかという声もあがっていましたが、

山道に入るとあっという間に景色が変わり、子ども達もびっくりしていました。

志賀高原に到着したら、早速明日から始まるスキーの準備!

スキーブーツを履いてみて サイズの確認をしました。

  

 

今回のキャンプでは、グループ対抗で行うクイズやゲームで1番になったグループに

リーダー特製のバッジをプレゼントしています!

リーダー全員分集められるかな?

  

 

夕食の様子です。

りおグループ

おたグループ

ギャッツグループ

ぴかグループ

 

夕食中に、スキーの時間にお世話になる先生にお話をしていただきました。

 

 

 

夕食後はそれぞれのキャンプで夜のプログラムの時間です!

【中高生スキーキャンプ】

今回の中高生スキーキャンプのテーマは「中高 新起劇」

みんなでプログラムを盛り上げて、吉本新喜劇のように笑いの絶えない時間を作ろう!という意味があります。

まずは改めて自己紹介。そして初めて参加する仲間にキャンプのテーマソングを紹介しました。

メインのプログラムは「新聞のりクイズ」

おたリーダーから出される早押しクイズに挑戦し、負けたペアは足元にある新聞を半分に折っていきます。

足がはみ出れば失格となるので、ペアの人との協力が必要なゲームでした。

              

 

【チャレンジスキー】

チャレンジスキーの目標は「チャレンジスキーヤー三か条」

1. 1日3回すキーの質問をする

2. 他の人の滑りをよく見て褒める

3. (3つ目は子ども達自身が自分の目標を考えます)

 

キャンプのテーマソングをみんなで歌い、自己紹介をします。自分でたてた目標も一緒に発表してもらいました。

     

 

こちらのメインプログラムはハンカチ落としならぬ「グローブ落とし」です!

ぐるぐると走り回って 子ども達もリーダーも、マラソンをしたかのように息が上がっていました。

                

どちらのキャンプも笑い声が絶えず、子ども達の緊張がほぐれるいい時間になりました。

 

就寝の準備とグループの時間です。

 

就寝時間ギリギリまで賑やかな声が聞こえていましたが、

移動の疲れもあったのか就寝時間を迎えるとすぐに眠りにつきました。

ギャッツグループ

ぴかグループ

りおグループ

おたグループは就寝しており、写真が撮れませんでした。申し訳ございません。

 

移動の時間が長く、ホテルに到着後も少しバタバタした1日目でしたが、明日からはもう少しゆったりと過ごせると思います。

そして明日は子ども達が楽しみにしているスキーの時間!

リーダーや先生と一緒に楽しいスキーの時間を過ごそうね⭐︎

おやすみなさい。

« »