[プログラム報告]森のナチュラリストキャンプ

アウトドアクラブ


1日目

気持ちよく晴れた朝、京都駅に22名の子どもたちが集まりました。初めてのキャンプで緊張した表情の子もいましたが、元気よく いってきます のあいさつをして、リトリートセンター(以下リトセン)に向かいます!

40分程でリトセンに到着!

荷物をお泊りする部屋に置いたら、さっそく外で遊ぶ時間です。

遊びをするごとに、子どもたちの声が大きくなってきました!リトセンにはいろんな植物や虫がおり みんなうずうずし始めたので、グループごとに探索に出かけてみます。

特に虫に興味津々で、「おーい、こっちに〇〇がいるぞ~!」とお友だちに声をかけ、追いかけては捕まえてを繰り返していました。

12時になったので、お昼ごはん。おうちの人が用意してくれたお弁当を食べます☆

のんグループ①

のんグループ②

ちゃぷグループ①

ちゃぷグループ②

(食事の時間は会話を控え、食べ終わった子からマスクの着用をするようにしています。)

 

ごちそうさまをしてお弁当箱を洗った後は、生き物観察の時間です。リーダーが用意した「自然ビンゴ」の項目にある植物を探し、ビンゴを目指します!

観察ルーペ(虫眼鏡)とオリジナルのリトセン植物図鑑を使って出発!

ビンゴの項目は「つるつるしたもの」や「聴こえた音」、「見つけたにおい」など、目や耳・鼻・肌で自然を感じるものになっており、子どもたちは走り回ってそれらを探していました。

さあ、どんな植物を見つけたかな?ビンゴの用紙に貼り付けて、キャンプのみんなに発表しました。

ビンゴクリア!においの項目はどちらのグループも「銀杏」でしたね。

次に、植物パズルをしてみました。型紙に ちぎり絵のように植物を貼り付け、ひとつの絵を完成させるというものです。

完成したのがこちら。

芸術が爆発しすぎて何の絵なのか分からなくなってしまいましたが「もみじ」がテーマでした。

プログラムもひと段落し、宿泊するロッジに戻ってお布団の用意をしました。

17時、少し早い時間ですが夕食です。メニューは肉じゃがでした☆

ちゃぷグループ

のんグループ

18時半、日が沈んでからキャンプファイヤーをしました。

終始元気いっぱいで楽しい夜の時間になりました!その後、お風呂を済ませ就寝。

さみしい気持ちになった子もいましたが、みんなぐっすりでした。

 

2日目

6時半に起床し、着替えと布団の片づけをバタバタと済ませました。

食事の配膳も積極的にできる子どもたちです。

のんグループ

ちゃぷグループ

今日のメインプログラムは「テラリウムづくり」。リトセンの植物を採集して、ボトルに飾り入れていくものです。

まずは採集!スコップを使って土や苔、草花を集めます。

「こっちにいい苔あるで!」「お花見つけた!」とお友だちに場所を教えてあげる声が2日目になって増えたように感じました。

集めたら早速、テラリウムを作ってみよう!

1時間もしないうちに、素敵な作品がどんどん仕上がっていきました。

作品のタイトルやお気に入りのポイントを紙に書くと、何をイメージして作ったのかがよく分かります。

お昼ご飯の様子です。

ちゃぷグループ

のんグループ

午後は、作った作品の展示会をしました。まずは、グループの代表者に作品の発表をしてもらいます。

大きな声で発表できていました!作品を並べて、いよいよ展示会。みんなじっくりとお友だちの作品を眺めます。

展示会も終わり、植物観察や作品制作をがんばったみんなに、リーダーからナチュラリストの認定バッジが送られました!これで立派なナチュラリスト!

最後にグループごとにキャンプの振り返りと、使ったお部屋の掃除をしてロッジをでました。

バスの発車まで時間があり、ぎりぎりまで走って遊びます。

帰りのバスのご覧のとおり元気いっぱいでした!

たくさんの発見をしたり、植物の名前を覚えたりと自然を堪能した子どもたちは、「自然が好き・自然を探求する」という意味どおりの立派なナチュラリストになりました!

キャンプで見つけた生き物、みんなのおうちの近くにもないか探してみてね。これからも自然が好きな気持ちを持ち続けてくれたら嬉しいです。

またキャンプで会えるのをたのしみにしています。

« »