[プログラム報告]スノーキッズスキー幼児

ウィンタープログラム


日程:2017年2月4日(土)

行き先:箱館山スキー場

参加:24名、リーダー7名

 

スキーをとっても楽しみにしていたようで、みんな笑顔で集まってくれました。

バスに乗って出発です!

バスの中で、てぃむリーダーがみんなへお話が始まりました。

 

これから行く箱館山には、鹿のしーくんが棲んでいて、そのしーくんからお手紙が届いたようです。「今日、みんなが箱館山にスキーをしに来ると聞いたよ!みんなで仲良く楽しいスキーキャンプになるように、挑戦状を作ったから、みんなで挑戦してね!」

とのこと。

しーくんからの挑戦状の項目
・みんなで楽しくご飯を食べる
・自分でスキー板を運ぶ
・スキーをみんなで楽しく滑る
・着替えを一人で頑張ってみる
・(5つ目の挑戦は、グループのみんなで頑張ることを決めて挑戦してね)

早速、グループの仲間で挑戦することを話し合いました。

その後は、みんなでゲームをしたり歌を唄ったりして、楽しく過ごしました。

そうこうしているうちに、辺りはどんどん雪が見え始め、、、

こんな真っ白な景色になっていきました!

10時30分頃、箱館山スキー場に到着。
装備を整えて、いざゴンドラに乗ってゲレンデへ!

めるグループ

るかグループ

てつグループ

みあグループ

りこグループ

ゴンドラからは、こんな景色が広がっていました。

景色より、シカ(しーくん)の足跡探しに夢中の子どもたち。

ゲレンデについて、まずは腹ペコのお腹を満たすべく、お昼ごはんをいただきました。

みあグループ

るかグループ

てつグループ

めるグループ

りこグループ

お腹もいっぱいになったので、いよいよスキーのはじまりはじまり。

まずはスキー靴を履くところから。

大きくて重いスキー靴を一生懸命に履く子どもたち。
早く滑りたいけど、こんなに動きにくいの???
子どもたちの中には、困った様子の子もいましたが、周りの仲間ががんばっているのを見て、「僕も頑張ろう!」そんな表情で、それぞれが動き始めました。

練習するところまでスキー板を運びます。
→これも、しーくんからの挑戦状のお陰で、みんな積極的に取り組む事が出来ました。

練習する場所について、準備運動をする子どもたち。

ここからは、ひとりひとり滑っている様子をご覧ください。
(一人1枚以上は撮れていると思います)

だんだん慣れてくるにつれ、うさぎさんになったり飛行機になったりしながら滑ることが出来てきた子どもたち。滑ることの楽しさをつかんでくれたようです。

りこグループ

りこグループ

みあグループ

めるグループ

てつグループ

るかグループ

りこグループ

約2時間、子どもたちは最後まで滑る練習を繰り返す事が出来ました。
よく頑張りました。

板をもって帰ろうとすると、、、
箱館山のはこちゃんが近づいてきてくれました。

はこちゃんとも戯れた子どもたち、最後も重い板をもって返しにいくことができました。

帰りのゴンドラです。

るかグループ

りこグループ

てつグループ

みあグループ

てつグループ

るかグループ

みあグループ

りこグループ

着替えを済ませてバスに乗ると、なんと!またまたしーくんからのお手紙が届いていました。

「今日は、みんなががんばっているところを見ていたよ!グループの仲間となかよく頑張っていたね!5つ目の挑戦はどんなことを頑張ったのかな?ぜひ、他のグループのみんなとも教えあってね。スキーは楽しかったかな?よく頑張った証に、バッチをプレゼントするよ!今度はこれをつけて、箱館山に遊びに来てね!」

しーくんから、素敵なバッチをプレゼントされた子ども達は、とても大喜びでした。

あっという間で、たった一日のキャンプでしたが、それでも仲間と過ごした時間やスキーをした時間が、子どもたちの一日をとっても深いものにしてくれました。

今日一日が、子どもたちのスキーデビューやキャンプデビューとしての思い出になれば幸いです。また、キャンプで会いましょう!

« »