[プログラム報告]ワイルドフィールダー4月

アウトドアクラブ


4月プログラム

「気合を入れて山登り!レッツ愛宕山登山!」
場所:愛宕山(京都市右京区)
日時:4月28日(日) 8時15分~17時30分
参加:4名

新年度の初回、ワイルドフィールダーが最初に目指すの

は、愛宕山。京都を代表する霊山です。

参加人数が少なく、さびしい感じかと思いきや、そんな

心配などどこ吹く風、みんな思いきり楽しんでいました。

朝。京都駅に、アクティブフィールダーといっしょに

集合し、同じバスに乗り合せて清滝へ向かいます。

清滝の手前は、一車線だけの、何やら異界へ抜けていき

そうな、このトンネル。

そしてバスは清滝に到着。

登山口まで、少し歩きます。

山上まで、トイレはありません。まずは用を足さねば。

登山口で、これから登るための作戦をたてます。

途中には、課題の書かれたボードもあるよ、と

説明がありました。

さあ行こう!みんなでかけ声とともに、気合を入れて。

いざ出発!!

よしここからだ!

愛宕山では、100メートルごとにあらわれるこの

標識が、歩いた距離の目安になります。

ぜんぶで40枚。その1枚めは1/40、と書いてある。

たとえば20/40なら、5合目まで来た、と分かる

寸法です。気の利いたメッセージも書いてある。

登り始めてすぐ、石清水が流れる湧水発見。コップが

備え付けてあり、のどの渇きをうるおすことができる

ようになってます。

早速、ひと口いただきます。冷たい!

さらにどんどん登っていきます。

7/40のメッセージ。山道は整備されて市民に親しまれて

いる山ですが、なめてはいけない、ということでしょう。

「タルを探そう!」とは、どういう意味?

よくわからんまま、進みます。なんだろ?

登山には、危険はつきもの。

注意をはらいながら、登ってゆきます。

途中のあずま屋でひと息入れましょう。

さらに進みます。かなり早いペースです。

昼までに、山頂付近の愛宕神社に着きたい。境内で

弁当を食べたい。

そんな計画ですから、ぐずぐずしてられない。

一歩、一歩、踏みしめて登ります。

また、課題のボード発見!

どんなポーズがいい?

ここで「タル」を発見!これのことだったのか!

みんな、スケッチしようや!

 

本邦初公開。将来、高値がつくかな?

よく観察して、スケッチスケッチ。

かわいらしい「タル」完成です。

視界が開けました。眺めのよいここは、5合目あたり。

登る気持ちに、はずみがつきます。

さらに進んで、こちらは7合目↓ だいぶ気温が下がって

きました。下界より、5~6度低いかな?

見えてきたのは、水尾の別れ。しっかり大地を踏みしめて。

32/40.そうここは、8合目です。

愛宕神社は、もうすぐです。

ほらもう少し!

そうしてついに、愛宕神社の境内に入りました。

シートをしいて、さあお楽しみの、昼食タイムだ。

いただきます!ふぉとグループ。

いただきます!ぴかグループ。

お弁当を食べ終わって、境内のなかをさらに登って

ゆくと・・・

本殿がありました!

これから、お詣りします!

愛宕神社の神様かな?

きちんとお詣りしました。

愛宕神社の神様は、火の用心に霊験があられる、と

いわれています。

長いこと、京の都を、大火から守ってこられたんやねえ。

みんなは、なにをお願いごとしたんやろか?

さらに本殿のうえの小さな社へも、お詣りしました。

 

お詣りが終わって、下山の予定時間が迫ってきました。

さあ、下りようか。

まだまだ、元気があまっています!

 

下りでも、課題が出されます。

春のもの、見つかった?

これは3合目あたり。下りるときは、早いね。

登りの約半分の時間で、ふもとまで、下りてきました。

清滝の川辺へおりて、記念撮影です。

そしてまたバスに乗って。

京都駅では、それぞれ

愛宕山でみつけたもの、感じたことなど、お迎えの

保護者の皆さんに報告・発表しました!

ワイルドフィールダー4月プログラムにご参加いただき、

ありがとうございました。

ワイルドフィールダーとしては、去年雨で愛宕山へ登る

ことができなかったので、2年越しの達成でした。

これからも、さまざまなチャレンジをしてゆきます。

来月、5月プログラムはテント泊のキャンプです。ぜひ

またご参加ください!

« »