ボランティアについて

YMCAとボランティア

YMCAは、170年あまり前、十数名の青年達が自ら社会のために貢献したいと願い、ロンドンに誕生しました。まさにボランティア精神に基づき組織され、世界に広がり、地域のニーズに応えて活動を続けてきたボランティア団体です。 みんなが共にいきていくために、自分ができることは何かを考え、様々な人たちがYMCAを通してボランティア活動を行っています。

 

京都YMCAのボランティア活動

●子どもに関わるボランティア
①キャンプボランティア
②発達障がい児サポートボランティア
③アフタースクール(学童保育)ボランティア
●国際交流のボランティア
①国際交流ボランティア
②日本語チューターボランティア
●地域社会でのボランティア
①ボランティアビューロー
②ワイズメンズクラブ

 

●子どもに関わるボランティア

YMCAでは、子どもに関わるボランティアを「リーダー」と呼んでいます。子ども達の成長に大きく関わり、自らもたくさん貴重な経験をすることの出来る活動です。

①キャンプボランティア

子ども達とともにアウトドアを楽しみ、幼児から小学生を中心とした子ども達とともに生活をして子ども達のお兄さんお姉さん役となります。彼らの成長の一助となる活動です。
詳しくは、ボランティアリーダー募集ページをご覧ください。

 

②発達障がい児サポートボランティア

発達障がいのある子どもたちが、自然体験、野外活動体験などを通して社会性を身につけ、他者との協調性を養い、様々な活動場面での適応性を高めるためのサポートをします。子どもが好きな人、子どもたちと関わりたい人であれば専門的な知識がなくても大丈夫です。
詳しくは、ボランティアリーダー募集ページをご覧ください。

③アフタースクール(放課後児童クラブ)ボランティア

働く保護者の子どもたちが放課後を有意義に活用できるよう活動しています。(活動日時:月~金の下校時間~19:00)です。宿題を済ませ、お友だちやリーダーと楽しくグループ活動を行います。下校後から保護者のお迎えの時間まで楽しく安全に過ごせるようなクラブを目指しています。子どもたちとの楽しい時間を一緒につくりませんか。週1日(時間は応相談)以上活動できる方をお待ちしています。
詳しくは、アフタースクールボランティアリーダー募集ページをご覧ください。

▲このページのTopへ

 

●国際交流のボランティア

①国際交流ボランティア

京都YMCAには、平和や国際協力・交流に関わるボランティア活動をしている「京都YMCA国際ボランティア会」というグループがあります。現在は京都YMCAの日本語科で学ぶ就学生との交流や、国際協力募金等の国際協力活動サポートなどを行っています。
詳しくは、「京都YMCA国際ボランティア会のQ&A」をご覧ください。

②日本語チューターボランティア

身近な国際交流をしてみませんか。京都YMCA日本語科在籍の留学生と1対1でペアを組み、留学生の日本語での話し相手になっていただきます。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

▲このページのTopへ

 

●地域社会でのボランティア

①ボランティアビューロー

京都YMCAには、サポーティングメンバーが組織する「ボランティアビューロー専門委員会」があり、ボランティアの案内所(ビューロー)としてボランティア社会の構築を担っています。京都YMCAを拠点にボランティア活動をする「登録ボランティアグループ」のサポートやボランティア養成講座の開催等を行っています。
詳しくは、「京都YMCAボランティアビューロー専門委員会ページ」をご覧ください。

②ワイズメンズクラブ

ワイズメンズクラブとは1922年米国オハイオのトレドYMCAで、YMCAの青少年活動を支援する社会人クラブとして始まり、現在では世界各国に多くのワイズメンズクラブが設立され、YMCAをサポートしながら奉仕活動を続けています。京都YMCAも京都地区にある多くのワイズメンズクラブのご支援をいただいています。
詳しくは、ワイズメンズクラブ国際協会西日本区京都部のホームページをご覧ください。

▲このページのTopへ