[プログラム報告]2016年度国際協力プログラム(小学生以上のチーム編)

アウトドアクラブ サマープログラム


日程:2016年10月30日(日)

場所:京都YMCA三条本館、京都市内各地

参加:133名(うちリーダー39名、保護者10名)

 

 

今年度の国際協力プログラムについての報告です。

午前中は、京都YMCA元リーダーでありスタッフの山口真理子さんにゲストスピーカーとしてお越しいただき、世界一周の旅をされて、見たものや感じたことを話していただきました。

img_1046img_3960

山口さんは、京都YMCAリーダー当時は「せっちゅうリーダー」と呼ばれていました。

山口さんは今年の8月まで400日間をかけて、夫婦で世界48か国を巡ってこられました。

ただ旅をするだけでなく、各地でドローンを飛ばして、景色を空撮しながら巡っていたそうです。

旅先で撮った映像もたくさん見せていただきました。

img_1056

巡った48の国の中でも、印象に残った国5つを詳しく紹介していただきました。

中国(東チベット)、ネパール、イスラエル(パキスタン)、エチオピア、ケニアです。

それぞれの国の文化や情勢、その目で見てきた様々な光景など、生の話をたくさん聞かせていただきました。

それぞれの国ごとに、「日本とちがっているところは?」、「日本とにているところは?」という質問を投げかけてくださいました。

子どもたちからは、素直な意見がたくさん出てきました。

img_1049 img_1050 img_1053

お話の中で、笑いが生まれるような場面もあれば、考えさせられるような場面もあり、

聞いている子どもたち、私たちにとっても、

様々なことを感じ、考えることができた時間となりました。

 

昼食前には、今日行う京都YMCAの国際協力募金で集められたお金が、世界のどんなところで、どんな風に使われているのかを説明しました。

そして、それぞれチームごとに昼食とチームの中で話をする時間にしました。

チームごとに、午前のお話を聞いて感じたことや考えたことをまとめたり、

午後からの街頭募金で、どのように呼びかけるのかを考えたりしました。

 

 

午後からは、いよいよそれぞれのチームに分かれて街頭募金活動を行いました。

dsc03316 dsc03319dsc03328 dsc03333 dsc03337 img_1074

それぞれの場所で、チラシを配ったり、募金箱を持って呼びかけをしたりしました。

どの場所でも子どもたち、リーダーたちは大きな声を出し、

街ゆく人に声をかけ続けました。

見に来てくださった保護者の皆様、募金活動にご参加いただいた保護者の皆様、

ありがとうございました。

 

街頭募金終了後は、YMCAへ戻り、チームごとにまとめの時間をとり、

解散しました。

1日を通して、遠く感じていた世界のことが少しでも身近に感じられ、

子ども達にとって、世界のこと、世界の仲間のことについて知り、

考えるきっかけになっていれば嬉しいです。

 

« »