[プログラム報告]小学生雪あそび1DAY

ウィンタープログラム


日程:2017年1月28日(土)

行き先:マキノ高原(滋賀県高島市)

 

 

少し寒さも和らいだ土曜日、子どもたちが京都駅に集まりました。

行きのバスの中から、子どもたちの話し声、笑い声が絶えず、

にぎやかな雰囲気で過ごしました。

到着してから、服装の準備をし、

まずは、お昼ごはんをいただきました。

セログループ

メリーグループ

カレーでお腹をいっぱいにしたら、

いざ!雪あそびへ!

 

まず最初は、グループだけの時間です。

好きな場所で好きなことをして遊びます。

すべり台を作ってみたり、

トンネルを掘ってみたり、

お家を作ってみたり、

 

雪だるまを作ってみたり…

思い思いの遊び方で雪を存分に楽しみました。

歩くだけで、ずぼずぼと埋もれてしまうほどの積雪量でしたが、

子どもたちはとっても器用に動きまわります。

大人たちの方が、エネルギーを使っていたかもしれません。

たくさんグループであそんだ後に、

キャンプのみんなで遊ぶ時間も作りました。

1.リーダーころがし競争

2.旗とり雪合戦

3.どれだけ高く積めるかな競争

どれもとっても盛り上がりました。

そして、それぞれの遊びを終えて、帰りの準備になりました。

帰りのバスも、はじめは少し休憩している人もいましたが、

京都駅に近づくにつれて子どもたちの元気がどんどん増していきます。

渋滞もあり、解散が遅れてしまい、大変申し訳ございませんでした。

しかし、子どもたちは最後まで、元気いっぱいで帰ってくることができました。

天候にも、雪の状況にも恵まれた1日でした。

子どもたちの「やりたい!」という気持ちをたくさん実現できた1日だったと感じています。

楽しい1日をありがとうございました。

また会えることを楽しみにしています。

 

 

« »