[プログラム報告]小学生スキー春4日目その2

ウィンタープログラム スプリングプログラム


4日目(3月28日)その2

キャンプのみんなで食べる最後の食事になりました。いつもそうですが、今回も一番にぎやかな食事の時間になりました。それもそうですね、スキーも楽しく終えることが出来、パッキングも済ませて後は帰るだけ。楽しく過ごした仲間との時間もあと少し、精一杯楽しみます。
夕食の様子です。

DSCF2535

かっちグループ

DSCF2540

えるグループ

DSCF2539

べりーグループ

DSCF2538

やっくんグループ

DSCF2537

あるるグループ

DSCF2536

ぽんたグループ

夕食後は、グループごとにホテルの中の思い思いの場所でこれまで過ごしてきたことを振り返るカウンシルの時間です。ひとりひとりが心に秘めた思いを言葉にし、それを仲間が聞く時間。どのグループも素敵な時間が流れました。

DSCF6887

たくさんの子ども達が脱ぎ捨ててしまうスリッパも、子ども達が自らきれいに並べられるようになりました。

そして、キャンプ全体で振り返る全体カウンシルです。一つの部屋に入って、輪になりました。各学年から1名ずつ代表で話してもらいました。どのお話も、素敵でしたが6年生代表の仲間の言葉が特に印象的でした。「スリッパを並べるのも劇のシナリオを考えるのも、ひとりではぜったいできなかったことだけど、みんながいたから出来ました。そんなみんなと会えたキャンプに参加できてよかったです!」と話してくれたのです。最後に仲間を思いながらキャンプソング「ね」を唄って締めくくりました。

DSCF2541 DSCF2552 DSCF2550 DSCF2548 DSCF2545 DSCF2544 DSCF2542

子ども達とリーダー合わせて50人のキャンプになりました。最後まで笑顔がたくさん見られ、子ども達の元気な声が終始響き渡る楽しいキャンプになりました。みんなが楽しいキャンプにしよう!という気持ちをもって参加できたからこその成果だと感じています。みんなのお陰で出来たキャンプです。またYMCAのキャンプで会いましょう!ありがとうございました。

« »