[プログラム報告]雪あそび1DAY幼児

ウィンタープログラム


日程:2018年1月27日(土)
行き先:マキノ高原(滋賀県高島市)

今年は29名の子ども達が集まってくれました。

とっても寒い日が続き、現地は当日朝まで大雪警報が出ていたほどのコンディションでしたので、大人の心配もよそに子どもたちはバスが進むにつれどんどん増えていく雪の量に大盛り上がりでした。

向かう途中で、雪だるまの雪子ちゃんが登場しました。
雪子ちゃんは、せっかくたくさんある雪を使って運動会をしたいのだけど、ひとりぼっちで寂しい様子。

みんなで雪子ちゃんと運動会に参加することにしました。

マキノ高原に到着!

早速、雪あそびスタート。

昼食です。

サングループ

ポムグループ

らんグループ

まゆグループ

さくらグループ

青空が見えるときと吹雪くときが交互にあり、変化のある天候でした。

グループでたくさん遊んだあと、キャンプのみんなで遊ぶ時間もありました。

はじめは、らんリーダーが教えてくれた、雪玉をたくさんつくってどれだけ並べられるか競争です。

続いて、先ほどつくった雪玉を使って雪玉バトンリレーをしました。

かけっこをすると、とっても白熱しました。

あっという間に遊ぶ時間が終わりました。楽しかった証拠ですね。

 

29人の子どもたちと8人のリーダーで、たのしい一日を過ごすことができました。
雪あそびの楽しさと、仲間と過ごす楽しさを感じてくださったら幸いです。

またキャンプで会いましょう!

 

« »