[プログラム報告]川のせせらぎキラキラキャンプ 3日目

サマープログラム


3日目

 

リトリートセンターで2回目の朝。

当番グループの皆さんは、全体よりも15分早く、

食堂へやってきます。

テーブルのセッティングからテーブルふき、配膳、

食後には片付け、食器洗い、食堂の清掃までを

担っていました。

そう、食事当番の役割には、食前のお祈りがありましたね。

 

 食器のお洗いも、 当番のみんなでやれば!

 

朝食後、野外炊事場で体操です。

身体があたたまると、水遊びへのGOサイン

この水中メガネは、

リーダーが防水カメラを川中に落としたときも、

活躍しました。

 

水から上がるとき「えーもう?」という声が聞こえました。くめども尽きない遊びへの欲求、自然への豊かな感情と興味・関心には、感銘をおぼえました。

 

ただし捕まえた生きものは、このあとぜんぶ、川にかえしました。

 

着がえて、最後のお昼ごはんは、定番のカレーです。

 

そして当番グループを、お洗いが待っています。

がんばっています!

 

食事当番でないグループは、

共用した場所をきれいにしていきます。

ホールも!

玄関も!

トイレも!

ちょっとしたゴミも拾います!

そして・・・ん?

このように、キャンプの生活空間を自分たちの

ものとしてきれいに保とうとする活動を、わたし

たちは「デューティ(Duty)」と呼んでいます。

 

デューティが終われば、談笑のひとコマも。

 

・・・

気がつくと、2泊3日のキャンプも終りが近づいて

きました。

終りに、3日間を振り返るプログラムをもちました。

どんなことがあったっけ?

あのときのあれさ、どうだった?

流れ過ぎ去ってしまう時間を、心にとどめるプロ

グラムです。

・・・

 

最後の最後!もう一度、わーっとはじけて楽しみました。

バスに乗る直前に、ひと遊び!

全員で、ダルマさんがころんだ。

あ~おもろかった。

ちょっと疲れが・・・(笑)

 

こうして、

16時45分ごろ、京都駅に帰着いたしました。

17時、とても大きな「さようなら」の声ととも

に、18年度「川のせせらぎキラキラキャンプ」

は、無事解散をいたしました。

 

大きな事故もなく無事にご家族のもとへお子さま

をお返しできたことが、まずはわたしたちの喜び

でした。

 

それ以上に大きな喜びは、解散時ちょっぴりたく

ましくなって輝いていた、子どもたちの笑顔です。

 

いろんなことを乗り越えて疲れたけど、でも楽し

んできてやったぞ、という、自信をました笑顔で

した。

 

またいつか、キャンプなどYMCAのプログラムで、

皆さんのたくましく輝く笑顔にお会いできるのを、

心から楽しみにしています。

« »