[プログラム報告]デイキャンプにじいろ 4日目

サマープログラム


2019年 デイキャンプ にじいろ

日 程:2019年8月26日~29日

参加者:12名

 

昨日の大雨で4日目と3日目リトリートセンターでの水遊びが入れ替わっていたのですが、川はまだ増水していると推測されたためリトリートセンターを避け、4日目は琵琶湖畔のサバエ教育キャンプ場での水遊びとなりました。

 

《4日目》

あっという間に最終日の4日目となりました。

明るい笑顔で朝、皆さんが集まってくると、こちらの心にもスイッチが入ります。 

朝のかけ声のあと、出発です。

いろいろ楽しいことをしているうちに、無事サバエ教育キャンプ場へ到着。

        

着替えをし、ひとしきり遊んだあと、食堂テントで昼食をとりました。

 

水遊び前。準備体操をしようと集まった皆さんの目の前に、またあの茶色いハコが!

今日のミッション確認。よし。

そして準備体操。

 

そして浜へ向かいます。

ここからあとも写真が多すぎるので、コメントを最低限にし写真そのものをもって語ってもらうことにします。

   

 

グループ対抗バケツ水入れ競争↓

 

このあとは

よーいドンのようだが・・・

そう、これのうえを走る(歩く)のだ。

端まで走ったら最後はジャンプ!

 

あとは舟のり気分でゆらゆら

     

 

浜での水遊びのあとは、かき氷をみんなでいただきました。

       記念撮影

かけ声のあと・・・

 

出発!

サバエの現地リーダーたちに見送られて・・・

 

バスのなかでは

 こんな感じ

 

YMCA帰着後、最後のお絵かきに挑戦。

 

メーシーも最後の登場。みんな、ありがとう!

 

それからグループごとの解散発表。

 

↑あわグループ

 

↑ロビングループ

 

↑さとグループ

 

そして

最後も、ギュギュッとかけ声でお別れでした!

 

デイキャンプにじいろにご参加いただき、本当にありがとうございました。

特別な思い出をたくさん作ってもらったことと思いますが、それらも時の経過とともに過去の靄の向こうへかすんでいく運命にあります。

ただそれがどのようなものであれ、靄の向こうへ消え去らずたしかな思い出になっているものもあるはずです。それらは、折にふれてどれだけ思い起されたか、語りなおされたか、その数に比例した明瞭さで、わたしたち大人の心のなかにも残っているものでしょう。

ぜひこんなことした、楽しかった、ちょっとしんどかった、でもがんばった、など、お子さんが語られる言葉を、それが繰り返しになって大人にはちょっと辟易になっても、どうか耳を傾けてあげてください。

語りなおすことで思い返すことでその思い出が、心の整理箱のなかへ、たしかな輪郭でまとめられていくからです。

今後とも、YMCAのデイキャンプをよろしくお願いいたします。

« »