[プログラム報告]ワイルドフィールダー12月

アウトドアクラブ


12月プログラム

日時:2019年12月1日(日)

場所:金勝(こんぜ)アルプス(滋賀県栗東市)

参加者:5名

・・・

今回は久々に日帰りプログラムですが、時間と高低差・難度・距離を考え合わせると、ワイルドフィールダーといえども、なかなかチャレンジングなルート設定で。

大丈夫かな?歩き切れるかな?

ともあれ、一同は元気に集合、さあ行くでぇとバスに乗り込みました。

小一時間で上桐生に到着。

駐車場隅の空き地で、今日の行程と課題について説明を聞く。少し技術も必要ですよ。

今日とても大事なのがこれ↑

先発隊と後発隊が、トランシーバーでしっかり情報交換しながら歩こう!

駐車場から、奥へ進みます。

いまが盛りの紅葉を左に、右に座っている後輩格のアクティブフィールダーの面々を、軽やかに追い越して・・・。

 

ここからは言葉は最小限にして、登り、そして下る一行といっしょに、ぜひ金勝アルプスを追体験ください。

標高の低いうちは、中生代のようなシダ林を抜けて・・・

   

すると・・・!

 

巨大で急な岩壁が目の前に!

張られているロープを伝って、登っていく・・・

 

休憩タイム

 

何度も難所を抜けると・・・

 

景色がより雄大に広がっていく・・・これ登山の醍醐味。

 

 

もう少しだ・・・

   

今日の

到達地は、ここ「天狗岩」

綱渡りの曲芸みたいなことをしてる人が・・・

 

 

さあ!

いまから帰るぞー!!

 

下りこそ注意が必要。気を引き締め直し・・・

     

登りよりも、難しいし怖いかも・・・

気をつけて!

やっと

シダ林まで下りてこれました。

       

最初の駐車場はもうすぐ。。

 

今回、時間内に戻ってこれるか、チャレンジでしたが、なんと!

たっぷりな時間的余裕を残して、みんな下山してきました。そして

できるかな?と無理なら削ってもよいと思っていた「国際」のコーナーも、ゆとりをもって実施できたのです。

さすがワイルドフィールダー!

 

ワイルドフィールダー12月プログラムにご参加いただき、ありがとうございました。

自然を楽しみながら踏破していく皆さんの健脚ぶりに、頼もしさを覚えるこの頃。

 

来月は、コンパスハイクです。じつは次回は健脚も必要ですが、読図しコンパスを使いこなすという、より野外技術を重視したプログラム。

ファミリーオープン・プログラムなので、ご家族でぜひご参加を!そしてご一緒に挑戦をしてください!!

« »